Signal Processing Toolboxの信号​アナライザで描画され​るパワースペクトルの​処理方法に関して

1 view (last 30 days)
ChaosComb
ChaosComb on 11 Nov 2021
Commented: ChaosComb on 14 Nov 2021
こんにちは.
現在,学生ライセンスにてSignal Processing Toolboxを使用しています.
信号波形をリアルタイムで前処理しながら,スペクトルの変化も合わせて確認することができるのでとても助かっています.
質問の本題ですが,アプリ内では,信号,周波数特性,バナーを表示できます.
信号はそのtimetableの情報を描画しているというのは理解できるのですが,周波数特性(パワースペクトルの値)をどのように処理,描画するかが現在,理解できていません.
スクリプト生成を実行しても,それはローパスやバンドパスフィルタの前処理を実行するためのコードであり,周波数特性のtableを出力,描画する方法はありますでしょうか?
よろしくお願いいたします.
  2 Comments
Atsushi Ueno
Atsushi Ueno on 12 Nov 2021
ドキュメントの「参考関数」に載っている事からも、その通りだと思います。
上記ドキュメントのサンプルプログラムを実行して理解を深めれば、信号アナライザーアプリで何を処理しているのか理解が深まると思います。

Sign in to comment.

Accepted Answer

Atsushi Ueno
Atsushi Ueno on 12 Nov 2021
>周波数特性のtableを出力,描画する方法はありますでしょうか?
信号のエクスポート:信号アナライザーの信号テーブルの任意の信号を MATLAB® ワークスペースまたは MAT ファイルにエクスポートできます。
  1 Comment
ChaosComb
ChaosComb on 14 Nov 2021
返信が遅れてしまい,大変失礼いたしました.
いつもご教授頂きありがとうございます.
URLを共有していただきありがとうございます.
こちらの記載内容を確認し,取り組んでみます.
ありがとうございました.

Sign in to comment.

More Answers (0)

Community Treasure Hunt

Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you!

Start Hunting!