dropdown の​itemsdataと​ValueChang​edFcnについて

7 views (last 30 days)
ドロップダウンの使用方法について教えてください。
ドロップダウンのItem(項目)にA,B,C,Dを設定しました。
Aを設定したら、頭文字がAのファイルを読み込む、Bを設定したら頭文字がBのファイルを読み込むとしたいです。
このときに使う関数は、itemdataなのでしょうか。それともコールバック関数なのでしょうか。
コールバック関数の使い方も教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

Accepted Answer

Atsushi Ueno
Atsushi Ueno on 9 Nov 2022
% 既定では ItemsData プロパティは空なので、ドロップダウン コンポーネントの値はドロップダウン コンポーネントから選択された要素に対応します。
% ItemsData プロパティ値が空でない場合、ドロップダウン コンポーネントの値は、選択された Items 値の要素に対応する ItemsData の値です。
>このときに使う関数は、itemdataなのでしょうか。それともコールバック関数なのでしょうか。
コールバック関数(ValueChengedFcn)を使い、選択肢が変化したら該当ファイルを読み込む様にすればよいと思います。今は選択肢の文字列(AかBかCかD)が欲しいので、ItemsDataは空のまま使わないのが良いでしょう。
methods (Access = private)
% Value changed function: DropDown
function DropDownValueChanged(app, event)
listing = dir([app.DropDown.Value '*.*']);
[file,path] = uigetfile(fullfile(pwd,{listing.name}'),'MultiSelect','on')
end
end
  1 Comment
美紗子 馬渕
美紗子 馬渕 on 11 Nov 2022
ご回答いただき、ありがとうございました。
ドロップダウンを選択したら、ファイルを変更したい場合はドロップダウンコンポーネントを使用するのですね。
参考にさせていただきます。

Sign in to comment.

More Answers (0)

Community Treasure Hunt

Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you!

Start Hunting!