Clear Filters
Clear Filters

画像フォルダを読み取​る際に、不要なファイ​ルを名前で指定する方​法

9 views (last 30 days)
翔
on 17 Jan 2023
Commented: Shunichi Kusano on 18 Jan 2023
画像ファイルが複数入っているフォルダをimageDatastoreに保存したが、画像ファイル名称の先頭に"._"(ドットアンダーバー)がついているファイルを削除できません。
~ismemberを使用しましたが、「クラス cell の入力 A とクラス cell の入力 B は、一方が文字ベクトルでない限り、文字ベクトルのセル配列でなければなりません。」というエラーが出てしまいます。
ImageDataStoreのFilesは1230×1のcell配列になっており、原因がわかりません。
よろしくお願いします。
imagefile = imageDatastore("imagefolder");
imagefile = imagefile(~ismember({imagefile.Files},{'._'}));

Accepted Answer

Shunichi Kusano
Shunichi Kusano on 17 Jan 2023
startsWith関数が便利そうです。
filelist = {'1.jpg';'data.jpg';'.temp.jpg';'XXX.jpg'} % 適当にimds.Filesにあたるリストを作成
filelist = 4×1 cell array
{'1.jpg' } {'data.jpg' } {'.temp.jpg'} {'XXX.jpg' }
dotIdx = startsWith(filelist,'.')
dotIdx = 4×1 logical array
0 0 1 0
ロジカル配列が取得できたので、subset関数を使ってdatastoreからドットから始まるファイルを除いたdatastoreを作成できます。
subimds = imageDatastore(imds,~dotIdx);
Unrecognized function or variable 'imds'.
  2 Comments
翔
on 18 Jan 2023
ありがとうございます。Imds.Fileに保存されている画像の名称の前には、保存先のパスが記載されていたため、教えていただいたstartwith参考にし、contain関数でロジカル配列を取得できました。
Shunichi Kusano
Shunichi Kusano on 18 Jan 2023
すみません、パスのことを忘れていました。ですが、上手くいったようで良かったです。

Sign in to comment.

More Answers (0)

Categories

Find more on 大きなファイルとビッグ データ in Help Center and File Exchange

Products


Release

R2022b

Community Treasure Hunt

Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you!

Start Hunting!