MATLAB Answers

0

イメージラベラーでセ​ッションを読み込む際​に失敗する

Asked by Shohei Higuchi on 3 Sep 2019
Latest activity Commented on by Shohei Higuchi on 16 Sep 2019
学習イメージラベラーで保存したセッションを別のPCのイメージラベラーで読み込もうとした際にエラーが出て読み込みに失敗します。
エラーは「等号の右辺からの出力数は代入を満たすには不十分です。」もしくは「この型の変数ではドットインデックスはサポートされていません。」のいずれか(読み込もうとするセッションによってどちらか)が表示されます。
どうすれば読み込むことができるでしょうか。

  2 Comments

Yoshio
on 7 Sep 2019
エラーが発生するコード例を示していただかないと、回答しようが無いと思いますが、
1. 同じPC上では読み取れますか?
2. 別のPCのOS, MATLAB, ToolBoxのバージョンは同じですか?
Shohei Higuchi on 12 Sep 2019
イメージラベラーの「セッションを開く」から.matファイルを開こうとする際にエラーが発生します。
1. 同じPC上では読み取れるようです。
2. 今当該のPCが手元にないため詳しいバージョンは分からないものの、作成したPCはwin10・R2017a、開こうとするPCはwin10・R2019aですのでバージョンが異なります。

Sign in to comment.

1 Answer

Answer by Etsuo Maeda on 9 Sep 2019
 Accepted Answer

セッションを保存した際はMATファイル形式で保存されたはずです。
セッションを保存した環境(イメージラベラーが正常に動作していた環境)で、当該のMATファイルをロードしてみてください。
そうすると、imageLabelingSessionという名前の変数がワークスペースに読み込まれるはずです。
imageLabelingSession.ImageFilenames
これには、ラベリング対象の画像ファイルへの"絶対パス"が含まれています。
したがって、別環境に持っていく際は、同じ場所に同じ画像ファイルが存在している必要があります。
imageLabelingSession.ImageFilenames{1} = 'aaa.tif'
のように書き換えればなんとでもなりそうに見えますが、読み取り専用プロパティのため、簡単には差し替えできません。
ご参考: イメージラベラーの紐付けを別のPCで復元する方法
HTH

  3 Comments

Shohei Higuchi on 12 Sep 2019
絶対パスについては承知しておりましたので、開こうとしている環境にも同じ絶対パスになるように画像を配置したものの、質問の通りのエラーが発生して開くことが出来ません。
参考に挙げていただいた方法を試そうと思うのですが、R2017a (元データ作成PC) 上の学習イメージラベラーでは下記に記載されている方法でラベル付きのgTruthデータをエクスポート出来ないようです (自分で直接確認出来ないPCなので詳しいことが不明です)。
[ROIのエクスポート]はできるみたいですが、記載されている[ラベルをエクスポート]という操作をするボタンが見つからないようです。
R2017a上の学習イメージラベラーでgTruthデータをエクスポートするにはどのような操作が必要でしょうか?
ラベル付きのグラウンド トゥルース データの共有と保存
Etsuo Maeda on 13 Sep 2019
> 作成したPCはwin10・R2017a、開こうとするPCはwin10・R2019aですのでバージョンが異なります。
残念ながら、MATLAB/ Simulinkはバージョン間の互換性を保証していませんので、PC間でバージョンを揃えてみてください。
同一PC に複数バージョンのMATLABを共存させることは可能で、追加の費用も掛かりません。
※ 最近のリリースが使えるかどうかは、ライセンスの保守契約がいつまで継続していたかによりますが・・・
Yoshio氏のコメントのように、質問の際は(関係ないと思っても)出せる情報は全て書き出しておくことをおすすめします。
HTH
Shohei Higuchi on 16 Sep 2019
バージョン間の互換性は保証されていないのですね.
承知しました.元データを作成したバージョンを確認して,揃えてみます.
ありがとうございました.情報が小出しになり,失礼いたしました.

Sign in to comment.